10代の僕が二股をやめられない理由

どうしても二股をやめられない10代のブログです。

食事デートは第一段階

「初デートはとりあえず二人きりで食事を…」
と考える男性は少なくないでしょう。

もともと女性の友人知人が多く、
活動的な男性なら、
食事以外にも楽しい場所や遊びを
たくさん知っているので、
「今度、二人でどこかに行こう」という話になれば、
すぐに女性が好みそうなショップやテーマ―パーク、
人気のイベントや遊びを挙げて、
様々なデートプランを提案できるかもしれません。



しかし、男性の多くはどちらかと言うと
デートが苦手なのではないでしょうか。

そして、好きな女性を誘うのは
とても緊張するものです。

せっかく良い出会いがあったのだから、
できるだけ進展させたいと思っても、
何をしにどこへ行けばよいのかというプラン
をすぐにはまとめられないでしょう。

そのため、最も無難で
ハードルが低いデートプランとして、
「食事のお誘い」におさまってしまうのです。



まず第一段階として女性を食事に誘い、
その食事の席で信仰を深め、
ある程度仲良くなるのが第二段階、
そして他の色々な場所へ
デートへ行くのが第三段階…と
順序よく考えてのことかもしれませんが、
そもそも食事の第一段階の時点で
うまくいかなければ、
恋のステップは停滞してしまいます。

どうにか勇気を振り絞って食事に誘ってみたものの、
その後の進展がなくて悩んでしまう男性も
多いのではないでしょうか。

食事の誘いに応じてくれたところで
安心してしまうのではなく、
きちんとその先も考えましょう。

食事デートはスタート地点、
恋の勝負は始まったばかりなのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

ナンパでの出会い

現在交際している恋人とのきっかけが
ナンパだというカップルも、
世の中には少なからずいるのではないでしょうか。

「たまたま出会い、タイプだったから声をかけた」
「話してみたら良い人だったから、応じてみた」
という話は珍しいことではありません。

ナンパという響きマイナスイメージを
抱いている人もまだまだ多いかもしれませんが、
実際に声をかけた人と、
ある程度会話をしてみなければ、
遊び相手を探しているだけなのか、
本気で恋人を求めているのかどうかの
判断はできません。

相手の本意を知る前に「ナンパだから」と
全てをシャットアウトしてしまうのは早計でしょう。


声をかけられて悪い気がしない、
相手が良い人であると感じたのであれば、
どういう気持ちで声をかけてきたのか、
その理由を聞いてみても損はしないものです。

とは言え、「ナンパに応じてしまったら、
断りづらくなるのでは…」と考える
心優しい人もいるかもしれません。

心配や不安があるなら、事前に
「じゃあ10分だけ」などと時間を
提示しておくことをお勧めします。

試しに10分話を聞いてみて、
気がノらないのであれば「時間なので」と
断りやすいでしょうし、
それまでに相手の好ましい部分が感じられて、
もう少し話してみたいと思ったのなら、
「もう少しならいいですよ」
と延長するのもアリです。


ナンパをする人全員が軽薄な人、
暇つぶしとは限らないものです。

まずは言葉を交わしてみましょう。

案外、相性がピッタリ合って、
良い関係になれるかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

大切なのは気持ち

「ナンパ」イコール「本気じゃない」、
そう考える人は少なくないでしょう。

しかし、相手がどういった意図で
声をかけてきたのかは
実際に話をしてみなければわかりませんし、
声をかけてきた時点で相手が本気ではないと
否定する根拠はありません。

ナンパで出会い、長く良いな関係を
続けているカップルも存在します。

「ナンパだからダメ」と一概に
否定してしまうことはできないのです。


ナンパで声をかけてきた
相手の言葉遣いや雰囲気から、
話しを聞いてみてもよさそうだと判断したのなら、
試しに一度応じてみてはいかがでしょうか。

ただし、相手が複数の場合は
もちろん警戒しなくてはいけませんし、
事前に「とりあえず、話を聞いてから」と
一言断っておくことを忘れないようにしましょう。


コンパやイベントなどでの出会い、
人づての紹介も同様ですが、
出会ってすぐ交際を決めたという
ケースはほとんどないものです。

どんな形で会った相手も、
まず話をしてみなければ相性の良し悪しを
量ることはできません。

ナンパも同様です。

相手が「本気だ」と言うのであればなおさら、
きちんと話を聞いてみて、
あなた自身の気持ちと向き合う必要があると
言えるのではないでしょうか。


大切なのは、どのように出会ったかではなく、
そこで伝えられた気持ちが
本物かどうかということです。

ナンパをする人も、ナンパされた人も、
相手の意図を勝手に決めつけてはいけません。

人それぞれ受け取ることは違うかもしれませんが、
そこに通じ合うものがあれば、
向き合ってみるのも悪いことでは
ないのではないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

ナンパに挑戦する際のポイント

出会いのチャンスがほしいとは思いつつも、
街コンや婚活パーティーイベントなどは
都市部ばかりで、
仕事の都合もあって参加できない…
そんな人は少なくないものです。

「こうなったら思いきって道行く人をナンパして…」
と考えたものの、ナンパという
行為自体のイメージに抵抗を感じると、
あまり強引な方法もとれません。

「お茶でもしませんか」
「ちょっと時間ありますか」
なんて、ノリの良いナンパの定型句を口にすること
が性格的に無理だという人もいるでしょう。

それでも、まずは声をかけなければ、
何も始まりません。

ナンパをしても恋人がほしいという
固い決意があるのなら、行動あるのみです。


ナンパで重要なのは、
「態度」と「言葉遣い」です。

ナンパという行為が敬遠される理由のひとつに、
「馴れ馴れしい態度」があげられるでしょう。

どこの誰ともわからない相手から
砕け過ぎた話し方をされれば、
誰でも失礼だと感じるものです。

ナンパを成功させたいなら、
丁寧な言葉で話しかけるのをお勧めします。

また、いきなり肩を叩くなどの
スキンシップはNGです。

こちらも、人によっては
嫌悪感を抱かせかねないからです。


気になったので声をかけさせてもらいました、
少しだけお時間をいただけないですかと、
丁寧に声を欠けるのがポイントです。

「よければ10分ほど…」と、
具体的な時間を提示するのもいいでしょう。

相手に好印象を与えれば
時間を伸ばすこともできるので、
最初は短い時間を伝えるのがお勧めです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

もしもナンパされたら

「ナンパでの出会いなんて考えられない、
ナンパしてくるような人と
本気で恋愛なんてできない」
…そんな意見は珍しくありません。

シチュエーションはどうあれ、
ナンパという言葉の響き、
それをやる人たちにあまりいいイメージを
持っていない人も多いものです。


しかし、近年流行りの婚活や街コンなど、
恋人や結婚相手を
探す人たちが集まって交流する場も、
ある意味ではナンパと同じではないでしょうか。

「真剣に恋人・結婚相手が
欲しいと思っているのだから、
軽薄なナンパではない」と
言う人もいるかもしれませんが、
逆に、街中でナンパをする人の中に、
その場限りの遊び相手ではなく、
真剣に恋人が欲しい、
この人とつき合いたいという気持ちから
声をかけてきた人が一人もいないと
言い切れるでしょうか。

一目惚れというのも、珍しいことではありません。

そんな人に声をかけられ、
「ナンパだからきっと遊びだろう」
と断ってしまった人は、
もしかするとせっかくのチャンスを
棒に振った可能性もあり得るのです。


ナンパされて困惑することもあるでしょう。

しかし、相手から本気が感じられ、
時間が許すのであれば、
少しだけ話を聞いてみてもいいのでは
ないでしょうか。

ただし、大切なのは相手の人となりが
ある程度理解できるまでは答えを出さないことです。

相手の態度や、話す内容を見極めましょう。

話に応じる時に
「まずは話してみて、返事はそれから」
と伝えておくのがお勧めです。

相手が実は軽薄な人だった場合、
声かけに応じた時点で乗り気だと
誤解されかねないため、
そこだけはきちんと断っておきましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!