10代の僕が二股をやめられない理由

どうしても二股をやめられない10代のブログです。

気が無いのならひっぱらない

人から好意を寄せられるのは誰でも嬉しいものです。

しかし、それが一目惚れであったらどうでしょうか。

こちらも相手に好意を寄せているのでしたら、そこからおつきあいが始まるかもしれません。

しかし、相手のことを恋愛対象として見られない場合はどうしたらいいでしょうか。

一目惚れというのは相手はそうかもしれませんが、一目惚れされたほうはほとんど無防備な状態と言ってもいいでしょう。


そこからその相手に対して恋愛感情をすぐに持つのは大変なことです。

優しい人であれば、まずは友だちからということでお茶を濁してしまいそうですが、状況によっては毅然として断ることも大切です。


一目惚れというのは自分で一度経験してみないとわからないものですが、かなり強い気持ちの片思いと言ったらいいのでしょうか。

抑制が効かずに相手に対して告白しなくてはダメなくらい切迫した状況と言えるのかもしれません。


そのような相手から告白をされた場合、一目惚れされたほうとしては、相手に対して気が無いのであれば毅然として断るようにしなければなりません。

それが相手のためですし、考えさせてというようにずるずると結果を後回しにすることは相手に対して失礼ですし、結局断るのでしたら早いほうが相手の傷も深くなくて済むのです。


出会いからすぐに好きになったのが一目惚れですから、毅然として断ることで一気に冷めてしまうこともあるのです。

どこを好きになったのかを聞いてそれについて全力で否定することもいいかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

大人の対応が大事

異性から好かれることは嬉しいことですし、好かれないよりは好かれたほうがいいのは当然のことです。

しかし、それが友だちとして好意を持たれているということでしたらいいのですが、一目惚れをされたらどうでしょうか。


別に気にしないという人もいるかもしれません。

こちらも相手に対して好意を持っていたらそのままつきあうことになるかもしれません。

出会いからすぐに一目惚れをするということは多くの人が経験しているようですが、
それを胸の中に秘めておいていつか機会を見つけて告白する人もいるでしょう。

長く自分一人の胸にとどめておくことはなく、すぐに告白する人もいるかもしれません。

問題となるのは、一目惚れをされたこちら側が相手のことをなんとも思っていないときです。


一目惚れをされたら、ということは相手が告白をしてきたということでしょう。

少なくともこちらもわかっているのですから、その相手のことをなんとも思っていないときはどうしたらいいのでしょうか。

一番の対処としてはこちら側の気持ちをしっかりと伝えることです。

なんとも思っていないときははっきりと断ることが大事です。


気も無いのに思わせぶりな態度をとることは相手に対して失礼になるからです。

相手は傷つくかもしれませんが、一目惚れというものは片思いに近いものですから、相手も覚悟の上でしょう。

友だちとしてもいられないかもしれませんが、毅然としてかつ丁寧にことわるということが大人の対応として大事なことなのです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

広告を非表示にする

理由を聞いてみる

一目惚れされたほうとしては、どうして一目惚れしてくれたのか気になるところでしょう。

自信満々な人であれば、当然と思うこともあるのですが、たいていの人は一目見て好きになってくれるほど自信満々な人はいないものです。


だからこそ一目惚れをした理由を聞きたがるのです。

それはごく自然な欲求と言ってもいいでしょう。

全く的外れな、少々フェチ的な傾向のある理由でしたら、一目惚れされたほうも少し構えたほうがいいかもしれません。


もっとも、それだけではありません。

まずはどうして一目惚れしたのかを聞くことによって、相手の人となりを判断することができるからです。

まずはその理由を知ることで、相手がこちらのことを誤解していないかなどを判断することができるのです。


そこには自分は決して一目惚れされるような人間ではないということの前提に立っているのですが、昔から一目惚れをするのに理由はいらないということも言われています。

参考までに一目惚れの理由を聞いたにしてもだからといってそれが間違いなどということは言えないものです。


出会いからすぐに一目惚れをしてしまったわけですから、理由というよりも感覚的なものなのかもしれません。

もっともそれでも、どうして一目惚れをしたのかを聞くことは、その理由が何であっても大事なことです。

一目惚れされたほうが、相手のことをまずは知ろうとします。

そのよいきっかけになるのが一目惚れの理由を聞くことなのです。

それは相手の性格を知るということにもなりますし、変な理由で好きになってもらっても困るという一目惚れされたほうの意思表示でもあるのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

広告を非表示にする

冷たい態度はとらない

異性から一目惚れされた場合のことを考えてみましょう。

シチュエーションはいろいろあります。

出会いから、第一印象で一目惚れされた場合です。

会ってすぐですから文字通りの一目惚れです。

これはよほど第一印象が良かったことと、
相手の好みがドンピシャではまった場合でしょう。


逆に相手に対して少なからず好意を感じたら
そのままつきあってもいいかもしれません。

しかし、一目惚れされたからといっても
相手はいいのですが、
一目惚れされたほうとしてははいそうですか、
というわけにもいかないでしょう。


多くの人が対応に困ってしまうことになります。

それでは一目惚れされてしまったら
どうしたらいいのでしょうか。

一目惚れというくらいですから、
お互いのことをよく知らないままで
あることがほとんどです。

ですから、まずは相手に対して
丁寧に接するようにしましょう。


相手のことをよく知らないのですから、
邪険にすることなく丁寧に接することが大事なのです。

これは自己防衛のためにも大事なことです。

冷たくあしらうようなことがあれば、
相手が逆上してしまうかもしれません。


そういうことはないとも
言い切れないのが世の中の怖いところなのです。

相手がどういった人なのか、
つきあうつきあわないということは
抜きにしてもこれからの関係性も大事です。

毎日会うということになれば
接し方も考えなくてはいけないのです。

そのうえで今後の対策を考えてみるのです。

できるだけ冷たい対応をするようなことは
避けるようにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

人間観察から人を見る目を養う

過去の恋愛で辛い経験をしてきた人は、
相手を見抜く目がないから
もう恋愛をするのが怖いと
感じている人もいるかもしれません。

確かに過去の恋愛で失敗していれば、
もう恋愛はこりごりだと思うこともあるでしょう。

しかし、恋愛は本来楽しいものです。
相手を見抜く目を養えば、
同じ失敗をする確率はぐっと減るものです。


どうすれば人柄を見抜くことが
出来るのかということですが、
人を見る目を養うためには、
何よりもまずは人間観察をすることが
おすすめです。

人間観察というと、それまでに何人もの人と
交際しなければいけないのだろうかと
不安になられるかもしれません。

しかし、そのために
多数の人と交際する必要はないのです。


自分が友達として接している異性、
友達の恋人、学校や職場にいる
身近な異性などの言動や態度を
普段より細かく観察していくことで、
こういうタイプの人はこんな感じと
様々なことを知ることが出来ます。

もちろん、人間観察をする際には
遠くで見ているだけでは分かりませんから、
積極的に多くの人と接することが必要となります。

様々なタイプの人と接していくことで、
自分にとってどういった人が向いているのか、
どんな人は苦手なのかを知ることが出来れば、
次の出会いを素敵なものに
変えることが出来るでしょう。


恋愛をすることが怖いと思っている人は、
すぐに新しい恋愛をする必要はありません。

まずは、多くの人と接して人を
見る目を養っていきましょう。

見抜くことが出来るようになれば、
恋愛だけではなく、友人や職場などの
人間関係も円滑になるはずです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!