10代の僕が二股をやめられない理由

どうしても二股をやめられない10代のブログです。

まずはここから入ってみる

日本語には一つの言葉にいろいろな意味があります。

たとえば「ごめんなさい」の一言がそうです。

英語だと一般的には相手に対して
悪いことをしたことに対して
謝罪するための言葉として使われます。

しかし、確かに普通では謝罪の意味で
「ごめんなさい」の一言が使われますが、
ちょっとしたときに出る「ごめんなさい」は
必ず謝罪の意味とは限りません。

人に意見するときに「ごめんなさい」から入ると、
その後に続く言葉もやんわりと
聞こえるかもしれません。

そうすればスムーズな人間関係を
築くことができるでしょう。


出会いから恋愛関係に至った恋人同士でも、
ちょっとした言葉のすれ違いで
歯車が狂ってしまうことがあります。

単刀直入に意見を言うよりは、
「ごめんなさい」と一言添えたほうが
うまくいく場面はたくさんあるのでは
ないでしょうか。

「そこをどいて」
とはっきり言うことも大事ですが、
その前に一言「ごめんなさい」と添えると、
何となくその場の雰囲気を壊すことなく、
相手の気分も損ねることはまずないでしょう。

まわりくどい、
と思う人もいるかもしれませんが、
会話は相手のことを思いやることから
始めたほうがうまくいきます。

恋人へのちょっとした意見や
文句もこういった一言をまず添えると、
相手も気分を悪くせず、
自分の恋人はささやかな気遣いを
見せることができるのだと改めて
良い印象を抱くことになるでしょう。

言葉というものは、
使い方によって人間関係を良好にしたり、
思いがけず悪くしてしまったりする
性質があるということを
忘れないようにしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログ王ランキングはこちらをクリック!

広告を非表示にする